読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ging Ring Activity Report

PCゲーマーグループ"Ging Ring"の活動報告、私的メモ、身内(+α)向けまとめ、日記、etc...です。ここ書かれている情報の正確性は保証しません。

質問受付中!

 ブログ内コメント、又はTwitter経由で質問を受付中です。
 記事に対するものでも、単に聞いてみたいことでも構いません。

 ※質問内容をテーマにブログ記事を作成することがあります。予めご了承下さい。

ShadowPlayを利用したTwitch配信までの流れ

ShadowPlay Twitch

 思いの他簡単にできたのでメモする。
 ちなみに当然ながらShadowPlay自体がGTX600シリーズ以降でないと利用できないので、GTX600未満のビデオカードではShadowPlayを利用したTwitch配信はできない。

 設定のSSは後程追加する。

アカウントを作る

 大して難しいことではないので割愛する。
 所々英語で記述されているけど、特に難しいことはないはず。

ShadowPlayをTwitchモードにする

ShadowPlayの設定画面を開く

 GeForce Experienceを開き、右上のShadowPlayボタンを押す。

ShadowPlayを有効化する

 まだ有効化していないなら有効化する。

Twitchモードに切り替える

 モードをTwitchモードにする。

ログインする

 作成したTwitchアカウントでログインする。
 当然ながらログインしておかないと配信はできない。

画質とオーディオの設定をする。

 ここはお好みで。

 設定が完了したら配信開始のホットキーを確認して閉じる。

配信を開始する

 ゲームを起動し、先程確認した配信開始用のホットキーを押す。
 画面右下にマイクとみたいなアイコンが表示されたら配信開始成功。

 もし赤い斜線が表示されたら配信開始に失敗してる。

 通信速度の問題なのか、ちょいちょい起こるが対処法は不明。
 画質を下げるか、時間帯を変えて試してみよう。

補足

無音になる

 コントロールパネルからNVIDIA Virtual Audio Device無効にしていると起きる。
 余計なオーディオデバイスを無効化しようとしていたら起きた問題なので、そうそう起こらないとは思うけど念の為。

一時停止

 ホットキーを利用する他、ゲームをバックグラウンドに回すことでも一時停止状態になる。

配信終了

 配信開始時に利用したホットキーを再度押すか、ゲーム自体を終了させれば配信も終了する。