読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ging Ring Activity Report

PCゲーマーグループ"Ging Ring"の活動報告、私的メモ、身内(+α)向けまとめ、日記、etc...です。ここ書かれている情報の正確性は保証しません。

質問受付中!

 ブログ内コメント、又はTwitter経由で質問を受付中です。
 記事に対するものでも、単に聞いてみたいことでも構いません。

 ※質問内容をテーマにブログ記事を作成することがあります。予めご了承下さい。

Garry's MODでThe Hidden: Sourceのマップやモデルを利用する

 バージョン910でしか利用できないかと思いきや、利用できたので手順をメモしておこう。

必要なデータをダウンロードする

 Garry's MODから利用できるようにする為のアドオンと、利用するThe Hidden: Sourceのデータが必要になる。
 どちらもここからダウンロードできる。

 いまはバージョン910用しかないけど、バージョン10用がいまの最新バージョンである14でも使えた。

The Hidden: Sourceインストーラ

 Client FilesBeta 4b Client Installerをダウンロード。
 ダウンロード先が選択可能だけど、二番目からダウンロードするのがスムーズかも。

Garry's MOD用アドオンファイル

 MiscellaneousGarrys Mod 10 Hidden Source Content Plug-Inからダウンロードする。

The Hidden: Sourceをインストールする

 各種データをコピーする為に、ゲームをインストールする必要がある。
 ダウンロードしたHSB4b-full.exeを実行し、インストールする。

アドオンを追加する

 ダウンロードしたHiddenContentGMOD10.rarを解凍するとhidden-sourceというフォルダが出てくるので、これをGarry's MODaddonsフォルダに入れる。
 但し、addonsフォルダはGarry's MODのインストールフォルダ直下にあるものと、その中のgarrysmodフォルダ以下にあるものがあるが、入れるのは後者なので間違えないように注意すること。

C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\GarrysMod\addons

 ではなく、

C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\GarrysMod\garrysmod\addons

 が正解。

データを追加する

 続いて先程インストールしたThe Hidden: Sourceのインストールフォルダを開き、マップ(maps)マテリアル(materials)モデル(model)のデータをコピーし、これをhidden-sourceフォルダに入れる。

C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\sourcemods\hidden\maps
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\sourcemods\hidden\models
C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\sourcemods\hidden\materials

 を

C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\GarrysMod\garrysmod\addons\hidden-source

 に入れる。

※パスは全てWindows 7 64bit版のもの。

ラグドールを利用する

 準備が済んだらゲームを起動する。

 マップは新規ゲーム開始時のOtherに追加されるが、ラグドールSpawnlistから利用する。

 ゲームを開始したらSpawnlistを開き、検索窓にhiddenとかirisとか入れる。
 直後は0 Result for 'hidden'と表示されるが、検索に時間が掛かるのかしばらく待てば一覧に表示されるので、あとは直接呼び出してもいいし、Spawnlistに加えてもいい。

f:id:clairvoyance_jpn:20150108143250j:plain

補足

 アドオンファイルを利用せずに、Garry's MODの標準機能から利用できるんじゃないかなー? と密かに思ってる。

 気が向いたら検証する。