読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ging Ring Activity Report

PCゲーマーグループ"Ging Ring"の活動報告、私的メモ、身内(+α)向けまとめ、日記、etc...です。ここ書かれている情報の正確性は保証しません。

質問受付中!

 ブログ内コメント、又はTwitter経由で質問を受付中です。
 記事に対するものでも、単に聞いてみたいことでも構いません。

 ※質問内容をテーマにブログ記事を作成することがあります。予めご了承下さい。

Call of Duty: Black Ops 3 - チャレンジ「チョップハウス」を達成するためのクラスを考えてみる

Call of Duty: Black Ops 3

 「チョップハウス」は「プレステージ」の「リーサル」に属するチャレンジで、「コンバットアックスを2本装備して、それぞれ一回目の投擲で敵をキルする」というもの。これを5回する。

youtu.be youtu.be

 自分が以前にアックスを使用していた時のプレイを見返してみると正攻法でもなんとかなりそうな気もするが、あえて成功率を高める方法でクラス構成を考えてみる。

 当然ながら「動きながら動き回る敵にアックスを当てる」より、「静止している敵に静止した状態でアックスを当てる」ほうがはるかにラクだ。なので敵の動きを止めて、落ち着いてアックスをブチ込める状況を作ることを目標にする。具体的には適当な屋内で待ち伏せて、出入り口に仕掛けておいたショックチャージで動きを鈍らせた敵にアックスをブチ込むという作戦だ。

 ちなみにこれは条件に「ダブルキル」とは書かれていないことから、2本目を命中させるまでにアックスを回収・補充したり、死んだりしない限り、間が何分開こうと条件は満たせる、ということが前提となる。実践してみたところ、多少時間が経過していても問題なくカウントされることは確認できた。

カスタムクラス

 まずリーサル枠に「コンバットアックス」を2本、リーサルを2本装備するためにワイルドカード枠に「デンジャークロース」。タクティカル枠に「ショックチャージ」を2本装備しよう。

 基本はこれで十分なはず。が、あえて付け加えるなら、アックスは入力から実際に投擲するまで若干のラグがあるので、接近する敵を予め探知してアックスを構え、そちらに視線を向けておけるようにPERK3枠に「アウェアネス」を付ける。

 更にショックチャージは追加で補充することで3本まで設置可能なので、PERK2枠に「スカベンジャー」を付ける。

まとめ

 まとめると、

  • PERK2(+1): スカベンジャー
  • PERK3(+1): アウェアネス
  • リーサル(+2): コンバットアックスx2
  • タクティカル(+2): ショックチャージx2
  • ワイルドカード(+1): デンジャークロース

 こうなる。以上で7ポイント。残り3ポイントはアックスを外した時のためにメインとサブに何か装備するくらいか。

実践してみた

youtu.be

 上記のカスタムクラスで「チョップハウス」の達成を目指してみたところ、1ラウンドに0~2回のペースで進行し、10ラウンドとかからずに完了した。が、完全に待ち伏せるのも難しく、ある程度動き回りながら進めた。

 実践してみて判明したのが「2本目の投擲を万全の体勢で行うことは困難」だということ。1本目の投擲前にショックチャージを設置していても、敵が作動させれば消滅するので再度その方向から来る敵には対処が難しくなるし、再設置のために温存しておくとなると多方向をカバーすることができなくなる。スカベンジャーで補充しようとするとアックスも補充されてしまうため、1本目を投擲してからショックチャージを補充して再設置ということもできない。

 対処法としては1本目の投擲前にショックチャージを3本設置し、更に2本補充した上で1本目の投擲に臨み、1本目を投擲してから補充した2本を再設置することだけど、正直めんどい。そこまでしても失敗する時はするし、ハードワイヤーを付けている敵にはショックチャージは反応しない。特にデッドサイレンスを併用している敵に対しては対処が困難になる。

 結局、動き回りながらショックチャージを投擲し、敵の動きを止めたところにアックスをブチ込む、というスタイルと待ち伏せの半々に落ち着いた。とにかくまず1本目を当てること。成功したら間違えて補充しないように注意しながらファイアブレイクのヒートウェーブで敵をスタンさせるなりして2本目を当てる。1ラウンド中に何回、という条件ではなく、1回でも成功すればカウントアップされるので、思いの外簡単に片付いた。

 そこまでガチガチに準備しなくとも2本目の投擲までに回収・補充してしまわないようにさえ注意すれば、ショックチャージかヒートウェーブによるスタンの併用で結構なんとかなる、というのが感想。