読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ging Ring Activity Report

PCゲーマーグループ"Ging Ring"の活動報告、私的メモ、身内(+α)向けまとめ、日記、etc...です。ここ書かれている情報の正確性は保証しません。

質問受付中!

 ブログ内コメント、又はTwitter経由で質問を受付中です。
 記事に対するものでも、単に聞いてみたいことでも構いません。

 ※質問内容をテーマにブログ記事を作成することがあります。予めご了承下さい。

Arma 3 - Dedicated Server

ARMA3 Dedicated Server SteamCMD ポート開放

f:id:clairvoyance_jpn:20150213133614j:plain

 主にLinuxにインストールする際に関するメモ。
 一部Listen Server用のものもある。

インストール

 SteamCMDを使用し、

app_update 233780 validate

 でインストールする。

起動

./arma3server

 で起動できる。

設定ファイル

 三種類ある。適切なパラメータで指定して読み込ませさえすれば、たぶん名前は何でもいい。
 全てarma3serverと同じ場所に配置する。(ちゃんと指定するなら別の場所でもいい)

-config

./arma3server -config=***.cfg

 主に鯖名、パスワード、マップサイクルを指定したデータを指定する。
 概ねサンプルそのままでいいけど、一箇所だけ必ず変更しなければならない箇所がある。

verifySigunatures

 鯖側で許可していないMODを入れたユーザーを許可するか? の設定。
 許可するには専用の照合用のデータを用意する必要があり、ただ鯖にMODを設定するだけでは駄目なので、その設定ができなければこの機能を無効化しないとMODが使用できない。

 デフォルトで有効

verifySignatures = 2;

 なので、0に書き換えて無効化する必要がある。

verifySignatures = 0;

-cfg

./arma3server -cfg=***.cfg

 ネットワーク関連の設定を記述する。
 サンプルそのままでいい。

-profile

./arma3server -profile=***.arma3profile

 主に難易度毎の設定を記述する。
 サンプルそのままでいい。

MODを読み込ませる

 MODarma3serverと同じ場所に配置し、

 ./arma3server -mod="@***;@***"

 で指定する。
 設定ファイルと同じできちんとパスを指定すれば別フォルダに保存してもいい。

 例えば@acre@cba_a3を指定したら、読み込まれていれば起動時に、

13:16:21 modsReadOnly = true
13:16:21 safeModsActivated = false
13:16:21 customMods = true
13:16:21 hash = 'CC2EE974ABBF1312655A1A0B00B4B0D292397BF8'
13:16:21 name | modDir | default | origin | hash | fullPath
13:16:21 Advanced Combat Radio Environment 2 | @acre2 | false | GAME DIR | 4736492395b2443fd0753cad5cb5b40ffd29b3fd | /data/arma3/arma3/@acre2
13:16:21 Community Base Addons v1.09 | @cba_a3 | false | GAME DIR | 76290143059bbd6c69402b1599bb38503f3cb04f | /data/arma3/arma3/@cba_a3
13:16:21 Arma 3 DLC Bundle | dlcbundle | true | NOT FOUND | |
13:16:21 Arma 3 Helicopters | heli | true | GAME DIR | da39a3ee5e6b4b0d3255bfef95601890afd80709 | /data/arma3/arma3/heli
13:16:21 Arma 3 Karts | kart | true | GAME DIR | 4da0718ca3022069a71bc17a510099b1e65ff97b | /data/arma3/arma3/kart
13:16:21 Arma 3 Zeus | curator | true | GAME DIR | e77e063da6fae90d1a76d68a876f875832649d08 | /data/arma3/arma3/curator
13:16:21 Arma 3 | A3 | true | NOT FOUND | |

 というふうに表示される。(表示が崩れるので一部省略)

エラーが出て起動しない

 起動時に、

./arma3server: /usr/lib/libstdc++.so.6: version `GLIBCXX_3.4.15' not found (required by /data/arma3/arma3/libsteam_api.so)

  このエラーが出たらSteamCMDのインストール先にあるlinux32内の*.so*.so.6を全てarma3serverのある場所にコピーすればいい。

起動してもエラーで落ちる

 起動しようとしても、

23:16:06 ../lib/Network/networkServer.cpp ClearNetServer:NOT IMPLEMENTED - briefing!
23:16:06 [ERROR] cannot save. [filename]=/data/arma3/.local/share/Arma 3 - Other Profiles\server\Saved\steam\meta\cacheItems.map
File , line 0: '.': '' encountered instead of '='

 というエラーで強制終了することがある。

 これは鯖設定を記述したファイルを読み込ませないことで起こるようで、

./arma3server -config=***.cfg

 として読み込ませることで解決した。

ロード画面から進まない

 建てた鯖に接続してもロード画面のまま進まないことがあるけど、これは-configで指定したファイルにマップサイクルが指定されていないことで起きるみたい。
 適切なフォーマットでマップサイクルを記述すれば進むようになるし、ロード画面から

 #login [adminpassword]

 でログインした上で

 #missions

 を実行すればシナリオの選択メニューに進むことができ、そこから選ぶこともできる。
 こちらはmpmissions内に入れてさえいればマップサイクルに記述していなくても一覧に表示されるので、管理者主導で遊ぶなら別にこれでいいかも。

 ちなみに、

 #restart

 でリスタートできる。

Steam Workshop

 Steam Workshopでサブスクライブしてダウンロードしたファイルは、

 C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\***\ugc\referenced

 の中にある。
 これを鯖側のmpmissionsに入れればいちおう遊べる。(遊べないのもあるかも)

開放するポート

Dedicated Server用

  • UDP: 2302-2305

Listen Server用

  • UDP: 2302-2303, 8766, 2016